ファクシミリ・メール注文OK カートの確認
決済手段:クレジット・銀行振込・郵便振替・代金引換・コンビニがつかえます
満中陰のお返し屋ホーム 送料・お支払い方法     満中陰などの挨拶状   法事マナーブックプレゼント   ご購入特典

初盆とは

初盆は、亡くなった人がむかえる最初のお盆の事で、「はつぼん」、「しんぼん」、「にいぼん」などいろいろな呼ばれ方がされています。  初盆迎える人々にとっては、親近者を亡くしたばかりで、亡くなった人への追慕の情が未だ覚めず、特別の意味をもった行事でしょう。

  • お盆は正式には、盂蘭盆(うらぼん)と言いますが、故人が亡くなられてはじめて迎えるお盆(四十九日の忌明けがお盆より前)は初盆と言いまして、特に手厚く供養いたします。
    十三日は迎盆といい、夕方迎え火をたいて、ご先祖の霊をお迎えします。十三日から十五日の間に僧侶を自宅に招き、供養のお経をあげて頂いた後、親族・知人とともに精進料理などを頂きます。
    十五日の夕方には、ご先祖の霊をお送りする 、お送り火をたきます。
    地方により、この日の夕方に精霊流しを行うところもあります。
  • 忌明け前にお盆になるときには、翌年が新盆となります。亡くなって四十九日(忌明日)を迎える前にお盆が来たときや四十九日(忌明日)から幾日もたたない場合は初盆は翌年になります。
  • 新盆は、普段のお供物の他に、故人の好物などを供えます。
  • 親族や故人に縁のあった方を招き、僧侶に読経してもらい、精進料理でもてなします。
  • 親族などから、盆提灯が贈られることがありますが、正式には、白い提灯に喪家の家紋を入れ、一対にして飾ります。 しかし、最近は、毎年使えるようにと、模様のある提灯を贈ることが多くなっています。

新盆の迎え方

故人の死亡後はじめて迎える新盆の供養は丁重に営みます。
仏壇の前に精霊棚(しょうりょうだな)を設け、初物の農作物でつくったお供物(きゅうり・なす)を飾り、供養膳に精進料理を盛り、白玉・だんご・果物・故人の好物なども供えます。 なお、このお供物は墓前にも供えるので用意します。

また、お盆の間は精霊に自分の家を教えるために、仏壇のそばとか軒先に岐阜堤灯や新盆堤灯を飾るものとされています。
お盆の最後の日(一般には7月15日、旧暦では8月15日)に送り火をたき、霊を送り出して新盆の行事は終わります。(新盆がすんだら、白い新盆堤灯は寺へ納める風習のある地方もあります。)

 

 

←前のページへ戻るHOMEへ戻る

満中陰のお返し屋ホーム 送料・お支払い方法     満中陰などの挨拶状   法事マナーブックプレゼント   ご購入特典
満中陰(四十九日法事)のお返し屋